ガチのバスクシャツ買うならこのブランド

もともとフランスの漁師の仕事着として着られていたバスクシャツ。

特徴はボートネック、厚めの生地、ボーダー柄。

そんなバスクシャツを買う上で、無印・ユニクロでは満足できない人におすすめの本格派ブランドを紹介します。

オーシバル

バスクシャツの本場、フランスで生まれたブランド。フランス海軍の制服として採用されていたこともあります。

そんなオーシバル(オーチバル)の作るバスクシャツは、厚みがあり丈夫で、長く愛用することができます。

オーシバルのブランドマークもポイント。

パステルカラーなども展開されており、レディースサイズも豊富なため、女性にもおすすめです。

お値段は1万円弱。無印等に比べれば高価ですが、その分長く着ることができます。

 

セントジェームス

セントジェームスもフランス生まれで、1889年創設の歴史あるブランドです。

こちらもオーシバルと同じく、厚めでガッシリした生地で作られています。

セントジェームスのバスクシャツには何種類かあるのですが、その中で特におすすめなのは、OUESSANT(ウエッソン)というモデル。お値段は1万円程度。

ザ・バスクシャツと呼ぶにふさわしいセントジェームスのバスクシャツの定番モデルです。まよったらこれ!

 

ちなみにこちらもウエッソンは無地のSOLIDという種類もあり、定番のボーダーだけでなく、こちらもおすすめです。