スリッポン感覚で履けるのに普通顔なスニーカーのまとめ

最近、普通のスニーカーっぽいルックスをしているのに、実はスリッポン感覚で履くことができるというスニーカーが各社からぞくぞくと登場しています。

それもそうかもしれません。僕のようにスニーカーを愛してやまない人はスニーカーを履くときに毎回靴紐を解いて結んでいます。

しかし、世間の大多数の人たちはスニーカーの紐を緩めに結んでおいて、足を半ば無理やりスニーカーに突っ込んで履くというのが一般的ではないかと思います。

別に悪いことではありません。利便性の方を取っているだけで、むしろ利便性よりもスニーカーを優先する僕らのほうが異端であると言えるでしょう。

それならば初めからスリッポン仕様のスニーカーなら好都合と考えるのも当然かと思います。

スリッポンタイプの靴なら昔からありましたが、最近流行っているのは普通のスニーカーの顔をしたスリッポン仕様のスニーカーです。

手頃な価格で買えるというのも共通項です。8000円台から1万円まであたりの価格帯で各社発売しています。

買いやすい値段なのでこの中から次世代のスタンダードとなるスニーカーが生まれる可能性が大いにあります。

リーボックが開拓し、ナイキ、ニューバランスなど各社からも発売され、出揃ってきた感があるのでここらでまとめておきます。

NIKE ROSHE TWO(ナイキ ローシ ツー)

ナイキのローシのセカンドバージョンです。

もともと手頃な価格とシンプルなルックスでローシは大人気(特に外国人の方に)。

そのローシワンが更なるコンフォートを目指してスリッポン仕様に生まれ変わったのがこのローシツー。

ローシのシンプルなルックスそのままにスリッポン仕様となって足入れが楽に、格段に履きやすくなりました。

ただし、ローシワンに比べて値段が上がってしまったのが残念な点。

それぞれの定価を比較してみると、ローシワンが8000円に対してローシツーは10000円となっています。

ローシを求める層にとってはこの2000円の差は非常に大きい。

ナイキ側もローシツーが思っていたより売れていないのか、ローシワンも引き続き販売しています。

しかし、ローシワンよりも少し高くなってしまったとはいえ、ローシツーもいいスニーカーです。

気軽に毎日履くことのできるスニーカーとして十分です。

僕は東京に住んでいるのですが、ローシワン同様にローシツーも外国人の方が履いているのをよく見かけます。

日本ではあまり見かけませんが、世界的には十分売れているのでしょう。

そういう意味では、安くて履きやすいスニーカーなのにかぶりにくいという点でもおすすめ。もう少し人気が出てもいいのになと強く感じます。

 

NIKE LUNAREPIC LOW FLYKNIT 2(ナイキ ルナエピック ツー)

ナイキからはもう一足紹介します。

ルナエピックというスニーカーはのはランニング用で、もともと足首まで靴下のようなものがついているモデルとして発表され、当時大きな話題となりました。

その後、ルナエピックのローカット版が販売され、そのローカット版のセカンドバージョンがこのルナエピックツーです。

ランニングスニーカーだけあってクッション性が抜群。今回紹介しているスニーカーの中では履き心地は1番でしょう。

ナイキがランニングスニーカー無料レンタルキャンペーンを行っていた際に、僕は1世代前のルナエピックをレンタルして一週間ほど履きました。

ナイキのルナロン特有のぷにぷにした履き心地でとても快適だったのを覚えています。

2世代目となるルナエピックツーも同様のソールを備え、スリッポン仕様になり履きやすくなりました。

ナイキの誇る究極のコンフォートシューズと言えるでしょう。

先ほどのローシよりはお値段が張りますが、それに見合うだけの履き心地を保証します。

 

NEW BALANCE MRL247

ニューバランスからもこのスリッポンタイプが登場したのは驚きでした。

一時のブームも沈静化し、レトロなクラシックランだけでは厳しい状況があるのでしょう。

そんなニューバランスから登場したのがこのモデル。

ニューバランス MRL247 です。

24時間7日つまり毎日を快適に過ごしてほしいという思いから名付けられました。

その目的のとおりこのスニーカーが売りにしているのは快適性。

スリッポン仕様で簡単に足を入れることができ、その上履き心地に定評のあるニューバランスのクッションが搭載されています。

それを1万円ほどで販売しているのでかなりお得感があります。

さらに注目してほしいのはこのML247のシルエット。

普通のニューバランスに比べ、細身でシャープな印象に仕上がっています。

ニューバランスといえば少しボリュームのあるぽってりした印象がありますが、このML247はスッキリしたシルエットとなっています。

このことにより今までのニューバランスに比べさまざまなファッションに合わせやすくなりました。

ニューバランスの提示する新定番。様々なセレクトショップや靴屋で扱われているのでぜひ履いてみてください。

 

REEBOK FURYLITE(リーボック フューリーライト)

リーボックは今挙げているブランドの中でも、動き出すのが1番早かったのではないでしょうか。

このリーボックのフューリーライトがスリッポンタイプの普通顔スニーカーというジャンルを確立したように思われます。

リーボックを代表する人気スニーカーであるインスタポンプフューリーのディティールを各所に残しながらも、シンプルなデザインに仕上げたことで履きやすいモデルになっています。

ポンプフューリーは奇抜なデザインに抵抗があった人も少なくないと思います。

しかし、このフューリーライトは極めてシンプルな作りになっているため、ポンプフューリーに抵抗があった人にとっても選択肢に入ってくるでしょう。

一応シューレースはついていますが飾り程度。スリッポンのように履くことができます。

市場に出回るのが早かったこともあり、街に出ると多くの人が履いているのを見かけます。

とくに男女問わず若者に支持されている印象があります。

これは値段が低めで若者にも買いやすい、という要因が大きいと思います。

また、同じくリーボックのポンプフューリーが流行っていることもこのフューリーライトの発売とは無関係ではないでしょう。

このフューリーライトがリーボックへのウェルカムゲートの役割を果たしているのではないかと思われます。

 

まとめ

今回は新ジャンルとなりつつある、スリッポン仕様の普通顔スニーカーについてまとめました。

この中から次世代の定番となるモデルが出てきてもおかしくないと思います。

書いていると熱が入ってしまい長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。