最強の機能性。デサント・オルテラインの水沢ダウンについて

水沢ダウンとは? 

水沢ダウンは、DESCENTE ALLTERRAIN(デサント オルテライン)が販売しているハイテクダウンジャケット。

機能面に妥協を許さず、最先端技術を駆使して国内の水沢工場で製作されています。

水沢ダウンの機能・特徴

水沢ダウンの機能面の特徴の一つは耐水性

ダウンに使われる羽毛が水分を含むと、保温性が失われてしまいます。

そのため、水沢ダウンは耐水性に磨きをかけています。

熱接着キルト加工

水沢ダウンが共通で採用しているのが、熱圧着キルト加工。

普通のダウンは、ミシン目のステッチから浸水してしまうという弱点を抱えています。

しかし、水沢ダウンはこの熱接着キルト加工によってステッチをなくすことで、防水性を高めています。

シームテープ加工

いわゆる防水、止水加工。フロントジッパーや、ポケットのジッパーなどに採用されています。

このシームテープ加工によって隙間をなくし、水がダウンの中に入ってしまうことを防ぎます。

防水ジップは使用感を損なうことなく採用することが難しいのですが、水沢ダウンの防水ジップは滑らかに動かすことができ、止水ジップ特有のジップがスムーズに動かせないという弱点を克服しています。

水沢ダウンの種類

ストーム

ストームは水沢ダウン随一のハイパフォーマンスモデル。

防水性はもちろん、雨天時に水の流れをコントロールするStreamLineテクノロジーを採用しています。

ハイテクな見た目なのでカジュアルな服装には合わせずらいかもしれませんが、このハイテク感は男心がくすぐられる。欲しい。

マウンテニア

一言でいうならザ・水沢ダウン。ハイパフォーマンスと端正なルックスを兼ねそろえています。

荒天時、フードの中に雨や雪が溜まらないようにフードを絞ることのできるパラフード機構を採用しています。

ダウンジャケットとしての完成度がとても高く、このダウンを買えばもう10年はダウンを買わなくてもよいでしょう。

アンカー

水沢ダウンのベーシックモデルであるアンカー。

取り外し可能なフードが特徴。見た目もハイテクすぎず、お値段も(水沢ダウンの中では)手ごろな価格なのでとりあえず水沢ダウンを着てみたいという人におすすめ。

どんな服装にも合わせやすいベーシックな見た目なので、迷ったらアンカーを選べば失敗することはないでしょう。おすすめ!

DESCENTE 水沢ダウン --Amazonでの検索結果